ボディ・コネクト・セラピーのトレーニングを東京未来大学で受けました

ボディ・コネクト・セラピー

2019年の7月20〜21日に東京未来大学で、『ボディ・コネクト・セラピー』という心理療法のトレーニングを受けてきました。

ボディ・コネクト・セラピーは、トラウマ・ケアの専門家である日本のセラピストである藤本昌樹先生が開発したセラピーです。

数々のトラウマ・ケアの方法を統合して開発したセラピーの方法であるボディ・コネクト・セラピー。
EMDR(トラウマ・ケアへの効果が確認されている最も知名度のある心理療法)の眼球運動
TFT(鍼のツボにあたる場所を刺激する、効果の確認されている心理療法)の経絡へのタッピングなど
運動と身体への刺激を含む、従来のトラウマ・ケアのエッセンスが詰め込まれた心理療法です。

今までの研究と臨床の実践から、重要と考えられるポイントに基づいて開発されているボディ・コネクト・セラピー。
同じく臨床家の私の目から見てもとても納得のできる方法ですし、実際に私も模擬セッションで何度も試してみました。
その中で、不快な気持ちが下がって気にならなくなっていくのがわかったり、考え方が自然と変わってきたことに気づいたり、と、変化がしっかり感じられる心理療法でした。

つらい経験の記憶を何とかしたいけれど、その出来事について話すのはつらいので話したくない、という相談者さんもたくさんいらっしゃいます。
ボディ・コネクト・セラピーは、そのような方にとくに負担の少ない心理療法だと思いますし、EASE Mental Managementでも明日から早速とりいれて、相談者さんのお役に立てていきたいと思います。

右が開発者の藤本昌樹先生です。ありがとうございました。

PAGE TOP