「自分はHSPかも…」職場でみられるHSP(Highly Sensitive Person)

最近、ご相談に来られる方の中に「HSPの本を読んで、自分もあてはまると思ったんです」「自分はHSPなのではないかと思うんです」とおっしゃる方が増えました。

これは、HSPの方が増えたというよりも、HSPという概念が多くの人に知られるようになり、自分の特徴、なんだか生きづらいな…と感じていた状態に「HSPという名前がつくんだ!」とわかったことで、「自分もそうかもしれない」と思う方が増えたためなのではないかと思います。
つまり、以前からHSPの方はたくさんいたのですが、名前がついたことで認識できるようになったのではないかと思うのです。

これは、「うつ病」や「発達障害」と同じように、その診断名や概念が広く知られるようになり、自分もそうかも…と思う人が増えたことで診断がつく人が増えてきた経緯とも重なるかもしれません。
(といってもHSPは病名や診断名ではなく、カテゴリーや概念をあらわすものです。)

HSPとは、Highly Sensitive Person(非常に敏感な人)の略で、アメリカのエレイン・アーロン博士が提唱した、敏感な特徴をもつ人たちをあらわした言葉です。アーロン博士の調査によると、アメリカ人におこなったテストで15〜20%の人がHSPに該当したということです。この数値をそのままあてはめることには疑問がありますが、私たちのなかにも決して少なくない数のHSPの特徴を持つ方がいらっしゃるでしょう。

HSPの特徴とは、情報処理の深さや、感覚的な刺激を受けやすいこと、相手の感情を捉えやすく、影響を受けやすいこと、などが挙げられるといいます。

職場では、敏感すぎるために接する相手の気持ちや状態がわかりすぎてしまい、相手の感情に影響を受けすぎて、または相手に配慮し過ぎてつらくなってしまったり、たくさんの人や音などに囲まれている仕事場では集中することが難しかったり、仕事で複数の気を配らなければならないタスクがあると、他の人以上に消耗してしまったり、通勤電車で人波にもまれることで、とても疲れてしまったりするかもしれません。

実際、相談に来られる方で上記のようなつらさを訴える方は、とても多いのです。

多くの方は、何か課題を感じて相談に来られます。自分の抱えている課題や、うまくいかなさは、HSPのためなのではないか、といらっしゃる方もいます。ただ、HSPであるかどうかにかかわらず求めていらっしゃるのは、自己理解と、どうすれば楽になるのか。毎日つらい、大変だと思わずに過ごしていけるのか、ということです。

十分にお話しをうかがい、いま最も不便を感じている状況にどう対策をとると楽になるか。刺激と距離を置き、自分の感覚や感情を守るために、どんな対応をすると良いのか。
自分になにかが足りないせいだ、自分に能力がないのかもしれない、と責めていた自分の気持ちをカウンセラーと一緒に慈しみ、自分についての理解と、対応の仕方を一緒に探っていく、整理していくことが、HSPの特徴をもったあなたのお役に立てるのではないかと思います。

(参考)
イルセ・サン(2016)鈍感な世界に生きる敏感な人たち,ディスカヴァー・トゥエンティワンhttps://hsperson.com/(2019/12/6閲覧)

PAGE TOP