【Q&A】カウンセリングにはどんな意味がある?

Q:カウンセリングは何をするところで、どんな意味があるんでしょうか?
 カウンセリングを受けると、何が得られますか?

A:カウンセリングでどんなことが得られるのか、受ける意味や、得られることはいくつかありますので、ひとつずつ見ていきましょう。

自分のいまの状態が整理される
カウンセラーが適切なタイミングで質問しながら、ご相談者の状況や気持ちを明確にしたり、整理したりしていきます。そうすることで、ご相談者が何に困っているのか、なぜ悩んだり迷ったりしているのかが明らかになっていきます。ときにはホワイトボードを用いたり、図を書いたりして、抱えている課題のなりたちを整理する場合もあります。
自分が何に悩んだり困ったりしているのかが明確になるだけでも、解決の糸口が見えて希望を感じる方もいらっしゃいます。

言えずに胸の中にためていたものを吐き出して楽になる
自分ひとりで思っていること、考えていることを言えずにいると、胸の中がモヤモヤしたり、自分を肯定できなかったり、身動きが取れないような感じがして苦しいものです。
利害関係のない第三者に、否定せずに聞いてもらえることで、自分の中で抱えていた思いを外に出すことができ、それだけでスッキリした、と感じる方も多くいらっしゃいます。
いままで表に出せなかった思いや感情を出すことで楽になることを、『カタルシス』といいます。

孤独感が癒される
②のように、自分の考えや感情・気持ちを外に出したときに、カウンセラーに否定されずに受け取ってもらえたり、肯定してもらえたりすることで、自分が感じている感覚を他の人と共有できて、味方ができたと感じられる、自分ひとりではないと思えて孤独感が癒されることで楽になる、安心する、ということもあります。
私がおこなっている心理療法では、「孤独が病理をつくる」ともいいます。
自分ひとりで言えない思いを抱えていることは、想像以上にこころにダメージを与えるものです。

心理療法・コーチングによる課題の解決サポート
カウンセリングでは、単に話を聞くだけではなく、人の記憶や感情に関する知識や感情の扱い方、認知行動理論、疾病の知識、丁度良い目標設定と、その達成への動機づけ、思考の仕方やコミュニケーションの仕方に対するアプローチなど、専門的な心理療法やコーチングをおこないながら、課題の解決をサポートします。

①は、もしかしたら自分でできる方もいるかもしれません。
②③は、身の回りにいらっしゃる方が、同じ役割を担ってくれるかもしれません。
④は、専門家ならではのことかもしれませんね。

カウンセリングに行ったらどうなるの?どんなことをしてもらえるの?という疑問のご参考になれば幸いです。

PAGE TOP