自分も相手も成長する1 on 1ミーティングスキル

皆さんのはたらく会社では、1on1ミーティング(以下、1on1)はありますか?

先日、ある企業さんの人事担当者向けに、1on1のスキル研修をしました。
1on1を受ける側ではなく、おこなう側、する側、のスキルをつける研修です。

1on1では、コーチングの手法が使われたり、傾聴をすることが大事、とよく言われます。しかし、実際に使うとなると、「傾聴ってどんなスキル?」「どんな言葉がけや態度をすればいいの?」「コーチングや傾聴のスキルの全体像はどうなっているの?」など、迷う部分が出てきます。

また、一定数の面談をこなしているリーダーやマネージャー、管理職、人事担当者になると、「いま、自分はどこまで出来ていて、もっと1on1を良くするためには、どのようなスキルを身につければいいの?」という成長のための疑問も出てきますね。

1on1では、組織やチーム、個人の目標に対する明確化や動機づけ、行動計画などの話し合いや、個人の思い、悩み、体調の変化などの様々な話が出てきます。そのそれぞれに対して、
・面談者はどのような言葉がけをすればよいのか?
・相手が心を開いてミーティングを効果的に進めるためには
・面談者自身が成長し、メンタルを健全な状態で保つためには、どのような方法をとるとよいか
について、資料を配布するとともに、面談ビデオやスキルのワークをしながら学びを深めてもらいました。

「業務に活かせそうなtipsが盛りだくさんでした」
「非常に実りのある機会となりました」
などの感想もいただきました。

30分〜1時間×2人分の時間を有意義に使うためにも、知っておくと役に立つスキルだと思います。
ご興味のある方は、こちらまでお問い合わせくださいね。
ease-mm.com/contact/

【Q&A】上手なヘルプの出し方はありますか?

Q:ヘルプを出すのが苦手です。もともと人に頼るのがあまり好きではなく、限界まで自分でやってしまいがちです。自分の仕事なのに他の人の手をわずらわせてしまうのが申し訳ないようにも思います。とはいえ、自分でできる範囲には限界があるので、助けを求めるために人に相談したりもするのですが、上手く伝わっていないのか、思うようなサポートが得られないので、余計にヘルプを出すことに抵抗があります。良い方法はありますか?

A:とても大事なことですね。あなたは、いままで自分で頑張ることが多かった。ヘルプを出したこともあったけれど、思うような助けが得られなくてがっかりした。それでももう一度、ヘルプを出すことにチャレンジしてみよう、とされているのは、新たな一歩ですし、とても勇気のあることだと思います。
相手に自分の望みを理解してもらい、動いてもらうための伝え方について、こちらの動画が参考になります。
ハイディ・グラント『ヘルプの頼み方−そしてYESを引き出す方法』
重要なポイントのひとつは、「手を貸して欲しいんです」と、明確に伝えるということ。助けが必要なことなんて見ればわかるじゃないか、と私たちは当事者になった時に思いがちだけれども、実際は助けを求めているかどうかはハッキリ言ってもらわないとわからないのです。周りの人としては、助けたいという気持ちはあっても、いらぬお節介だと思われるのは嫌だから手を出せない、と思ってしまうのもよくあることです。
もうひとつは、なぜ、助けて欲しいのかを明確にすること。自分が助けることに意味があるのか、がわからなければ、人は関心を持たないといいます。

カウンセリングの場面では、依頼の理由や内容をわかりやすく伝えるために、DESCというフレームワークをよく使います。※参考:平木典子(1993)『アサーション・トレーニング』日本・精神技術研究所
D
escribe:事実を描写する
Express:気持ちを表現する
Specify:提案・依頼する
Choose:選択する(または結果を示す)
たとえば、DESCを使ってサポートを依頼するとこのようになります。
「今月27日が納期のタスクが4つあって(事実)、3つは何とかスケジュール調整で上手くいきそうですが、残り1つがどうしても調整が難しい状況です(事実)。忙しいところ本当に申し訳ないのですが(気持ち)、このタスクについて◯◯してもらえないでしょうか(提案・依頼)。◯◯が可能でしたら、早急に△△を進めておきます(結果)。◯◯が難しければ、◇◇で進めたいので、確認していただけますか(選択)。」

もうひとつのポイントとして、誰かに助けてもらうことに抵抗を感じる、という場合、視点や考え方の転換が役に立つことがあります。
少し長くなってしまったので、視点や考え方を変えるヒントについては、次の機会にお伝えしますね。

PAGE TOP