「あの人より私の方が実力があるのにどうして…」
「あの人と自分に差はないはずなのに、あの人の方が取り立てられているのは、何が違うっていうんだ!」

仕事やプライベートで、こんな風に悔しく思うことはないですか?
(ちなみに私はよくあります…)

悔しがる女性

「あの人はズルい」というのは『妬み(ねたみ、envy)』で、『嫉妬(jealousy)』とは厳密に言うと違います。
嫉妬』は恋愛関係や親子などの愛情がからんだ関係で、今まで自分に愛情が向けられていたのに、自分以外の誰かが出てきたことで愛されなくなってしまうときの気持ちで、
妬み』はもっと広く、相手をが自分にないものを持っていて羨ましいと思う気持ちです。

『妬み』『嫉妬』というのは、感じるととても苦しいです。
相手が持っているものが自分には無い、と思うのもなんだか悲しくなりますし、今まで当然あったはずの愛が自分から離れていく、というのはある意味恐怖です。

しかし、『妬み』は人の生存本能に関係しています。
自分がいる集団の中で重要な人になりたい必要とされていたい優位な地位でありたい、という欲は、古来から自分が生き残るために必要な欲であり、本能だと言います。

運動会

『妬み』があるおかげで、より良くなろう、成長しよう、という欲も出てくる、重要な役割を持った感情なのですね。

とはいえ、『妬み』や『嫉妬』を感じているときの苦しさは早く無くしたいですし、あまり感じたくないものです。コントロールする方法はないのでしょうか?

嫉妬や妬みを飼いならす方法① 時間軸を変えてみる

嫉妬や妬みを感じるときは、
「なぜいつも…」「また…」など、その状況が不変でずっと続くものと捉えていることが多く見られます。
しかし、「今、〇〇はいい思いをしている」「今は、〇〇だ」のように、過去や未来を切り離してその状況を捉えると、見方が変わります。

「ズルい」「悔しい」と思った時に、「今に見ていろ!」と奮起し、成長に向けた行動をすることを専門用語で『昇華』と呼びますが、「もっと成長して見返してやる!」と将来に目線をスライドすることでも、妬みや嫉妬を感じる時間を減らすことができるでしょう。

嫉妬や妬みを飼いならす方法② 例外を探す

「いつも…」「また…」と考えると嫌な気持ちになりますが、実は自分も評価をされたことや、相手と同じような体験をした、など、例外はなかったでしょうか?
少し前に、自分もたくさんの人から好意的な言葉をかけてもらった、とか、自分を深く理解してくれた人がいた、とか、「いつも…」「また…」を覆す、例外の出来事を探してみることも有効です。

嫉妬や妬みを飼いならす方法③ 今の状況のプラスの面に目を向けてみる

今の立場だからこそ、得られているものは何か無いでしょうか。
今の立場だからこそ、妬ましい相手のアラが見えていて、自分がそうなった時には気をつけよう、と学べるかもしれません。
相手にはない、「持たない自由」を手にしているかもしれません。

妬みや嫉妬は、望遠鏡を覗いているようなものだと言います。
望遠鏡を覗いているときは、相手の好ましい部分が強調されてよく見えますが、自分のことは視野に入らなくなります。

妬みや嫉妬を感じたときは、「生存本能!」「望遠鏡!」と思い出して、手元をよく見てみると楽になるかもしれませんね。